作業服とは別名「ワークウエア」とも呼ばれ、作業時・労働時に身に付ける衣服のことを言います。会社で指定されたものも多く、様々な機能性を持ち合わせています。また、近年では「作業をしやすい服」という枠を超え、ファッション性のあるおしゃれなデザインの服も多くなっています。

作業服の機能性

日本では江戸時代から、とび職人は股引きを穿いていました。高所での作業を行いやすくし、安全性と効率を上げたと言われています。スリッポンなどのスニーカーは、軍手や手袋をしていても脱ぎ履きがしやすく、作業中に靴ひもが絡まる心配がいらないなど、様々な機能性を兼ね備えています。

作業服は江戸時代からあった?!

作業服は安全性と効率をアップさせる!

着用する人のことを考えた機能!

作業服は適当に選んではいけません

作業服の良し悪しによって、仕事の効率が左右されることがありますので、しっかりと選ぶように心がけることが大切です。

作業服のファッション性

日常にも取り入れられる作業服!

作業服は実用性を重視したデザインになっている物が多いので、カジュアルな衣類と比べると地味な印象があります。その一方で作りが頑丈なことから日曜大工や家庭菜園などの作業を行う時には便利です。日常生活の…

ジーンズの始まりは作業服?

日本人の誰もが持っているジーンズ。テレビなどで世界的なモデルや俳優、首相や大統領が履いているのを見たことがある方も多いはずです。実は、ジーンズの始まりは作業服と深い関係があることをご存じでしょうか…

オーバーオールが作業服に向いている理由は?

洋服のスタイルとして、トップスにシャツを着てボトムにズボンをはくタイプがあります。日常生活においてもよくあるスタイルですから、これで作業をするときもあるでしょう。作業の中には汚れがつきやすいものも…

© Copyright Work And Wearing. All Rights Reserved.