オーバーオールが作業服に向いている理由は?

中のトップスの汚れを防げる

洋服のスタイルとして、トップスにシャツを着てボトムにズボンをはくタイプがあります。日常生活においてもよくあるスタイルですから、これで作業をするときもあるでしょう。作業の中には汚れがつきやすいものもあり、トップスを汚してしまうときもあります。そこで利用したい作業着としてオーバーオールがあります。今はファッションアイテムとしてよく知られていますが、元々作業着としてよく使われていて、今でも多くの作業場で使われています。オーバーオールは通常のズボンよりも布の部分が多く、お腹から胸の辺りまで覆われています。トップスの前部分の多くをズボンで覆えるので、その分トップスが汚れにくくなります。普段着のトップスを着たままでも仕事ができます。

大きなポケットにいろいろなツールが入れられる

作業の中には物の組み立てをおこなったり、修理や点検を行ったりがあるかもしれません。素手でできる時もありますが、トンカチやスパナ、ペンチなどのいろいろな道具を使いながら作業をするときもあります。同じ場所で道具を使って作業をするとき、足元などに道具を置いておけば済みます。しかし移動するとなると道具のあるところまで行ったり来たりする必要があり作業効率が悪くなります。前述したとおり、作業服の中にオーバーオールタイプがあり、ファッション性もあるので非常に人気です。特徴の一つにポケットがあります。一般的なズボンよりもたくさんポケットがあったり、胸元などに大きなポケットがついています。ポケットに作業ツールを入れておけるので、効率的に作業ができます。

近年は背中部分に扇風機が内蔵された作業着が販売されています。衣服内の熱気を効率的に排出してくれるため、熱中症対策になります。

© Copyright Work And Wearing. All Rights Reserved.