着用する人のことを考えた機能!

基本は着心地と動きやすさ

仕事をする上で、身を守ったり気持ちを切り替えたりする目的で着用するのが作業服です。「デザインが良いから」「価格が安いから」などの理由で作業服を選んでいませんか?確かに作業服にあまりコストをかけられない場合もあるでしょう。しかし、作業内容に適さない素材や不必要な機能がついているものでは、かえって仕事が捗らないばかりか事故やケガなどのリスクも高まります。そのため、作業服を選ぶ時には作業内容に合わせた機能、着心地、コストなどのバランスを考えることが必要です。業種によって選ぶ作業服は異なりますが、基本は動きやすさと着心地です。着心地が悪く動きが妨げられると仕事に支障をきたし、作業服の目的を果たせません。まずは、着心地をがよく作業しやすい作業服を選びましょう。

業種によって求められる機能が違う

建設や建築工事などの業種では、ハードな動きを邪魔しないものが求められます。また、屋外での作業が多いので冬場の防寒対策や夏場の熱中症対策など季節に応じた素材や機能、耐久性も必要です。汚れることが多い現場では洗濯に耐えることができるもの、汗をかくことが多い現場では消臭や抗菌といった機能が備わっていると重宝します。また、溶接工場など火を扱う作業には、火の粉が飛んでも問題が少ない耐火性のある綿素材のものが利用されています。精密機械を扱う工場は、ホコリや静電気は大敵です。そのため、静電防止や帯電防止の機能が必須です。最近の作業服は、街でも着ることができるようなおしゃれなデザインのものも増えています。安全に仕事をするためにも、作業の妨げにならない素材や機能の作業服を選びましょう。

作業服の通販はまとめ買いなどを行う際に便利です。必要な数を欲しい作業服で選べるので、ラインナップに限りがある店頭よりも自由度が高いと言えます。

© Copyright Work And Wearing. All Rights Reserved.