作業服は江戸時代からあった?!

江戸時代の作業服とは

工事現場や工場などの職場でよく利用されるのが作業服です。一見地味な服に見えますが、その職場にあった様々な機能がついている服で作業服を着ることによって作業をしやすくなります。 また、作業服は伝統的な衣装でもあります。実は作業服は江戸時代から利用されており、火消しやとび職などが作業服を着ていたと考えられています。 江戸は火事が起こりやすいことで有名な都市でしたが、その火事を消すための火消しの作業服には、家紋が入っていたと伝えられています。これは万が一事故が起こった時に個人を特定しやすくするためのものであったのです。 また、とび職などは股引を利用していたと考えられています。木綿地に作られていたものが多く、足に合わせて作られており腹掛とともに身につければ職人の服装となったとされています。

作業服のメリットとは

作業服が利用されるメリットは、大きく考えれば江戸時代と現代ではあまり大きな違いはないと考えられます。
まず、作業着を着ることによるメリットとしてあげられるのが、運動機能が優れているということです。動きやすく作業をスムーズに行えることが前提に作られている服ですので、柔らかく動きが邪魔しないなど現代と江戸時代の作業着は共通点があります。
また、安全性にも優れています。作業着はファスナーなどの小食品が少ないため、周囲に引っかかりにくく危険も回避しやすくなっています。
作業に従事していることを一目でわかるというメリットもあります。
そのほか汚れにくい素材だったり、汚れても洗濯しやすい素材で作られているなど現代でも江戸時代でも共通点は多いのです。

© Copyright Work And Wearing. All Rights Reserved.